サイズの正しい測り方

胸

正しく測ることが大切

胸のサイズを測る時、自己流でやってしまっている方も多いのではないでしょうか。定期的にサイズをはかるのは面倒だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。ブラジャーは正しいサイズを選ぶことで、形をきれいに保つことができたり、体への負担を軽減することができます。正しいサイズの測り方を知っておきましょう。

基本は2か所

胸のサイズをはかる時に基本となるのが二つの部分となります。一番はトップと呼ばれる場所です。トップは胸のふくらみが一番高い部分のことを指します。のトップの部分を測る事と、アンダーと呼ばれる胸のふくらみが終わる部分を計測する必要があります。

胸の状態によって計測方法を考える

胸のタイプも人それぞれに存在していると思います。例えば胸のふくらみが下の部分に集中しているという方は、前かがみになってから胸の大きさを測る必要があるでしょう。胸が下がっていることによって正しく計測することができないからです。

着心地の良さを確認するポイント

同じものを選ばないこと

胸のサイズは日々変わっていくものです。ずっと同じブラを着用し続けるのは、胸にとって良いとは言えません。定期的にサイズを確認していないことによって、合わないブラを着用してしまっていることがあるのです。慣れているブラだからといってずっと付け続けることは良くないでしょう。

アンダーバストについて

着心地の良さで重要となるのが、アンダーバストです。アンダーバストの締め付けが強いことによって、体の負担を大きくしてしまっている場合があります。血行不良にも繋がりますので、締め付けが強すぎないかを良く確認しましょう。

胸がカップにおさまっている

胸がきちんとカップにおさまっていることが大切になってきます。ブラが胸の形にフィットしていることをきちんと確認しましょう。そのため胸とカップの間にスペースが出来てしまっていたり、逆に胸がカップに収まっていないといった事が無いようにしましょう。

ワイヤーが痛くないか

きちんと胸を支えるためには、ワイヤーが入っていることが望ましいです。しかし、ワイヤーが入っていることによって皮膚に痛みを感じるといったトラブルが発生することがあります。ワイヤーが自分の皮膚に合っているかを良く確認しましょう。

動きやすいかどうか

ブラジャーを着用した時には少し体を動かしたリ、手を挙げてみたりすると良いでしょう。動きやすいかどうかを確認することによって、普段着ている時に不快な部分が無いかを確認することができるでしょう。